地熱発電の規制が緩和されたことによって本格的に先進

これまでなかなか進まなかった地熱発電の開発が、規制が緩和されたことによって本格的に先進しようとしているのだそうです。

地熱発電に適した場所は国立公園等の地域に属していることが多く、これまでなかなか開発ができなかったということですが、再生可能エネルギーへの期待から大きな注目を集めています。

何と日本では、原発23基分に当たる発電をすることができると考えられているそうで、思っていて異常に日本が持っている地熱発電の能力は高そうですね。

まずは複数の有力な場所に掘削調査して発電に適した場所を探し出した後、環境アセスメントや実証実験などを経て地熱発電所の運転を開始するということですが、だいたい10年程かかるのだそうです。

いろいろな事情があって全ての場所に設置することは難しいかもしれませんが、今後10年20年と時間をかけて地熱発電を開発してゆけば、かなりで日本にとってプラスになることでしょう。